広島で一番の「かかりつけ薬局」を目指して コスモス薬局グループ

株式会社リライアンス

2016年 06月22日

第5回多職種連携研修会を行いました

今年一番暑くなった6月18日(土)、第5回多職種連携研修会を開催しました。
講師は、おなじみ「よしなが神経内科クリニック 好永順二先生」です。
第一部は、過去の内容とは違い、パーキンソン病の症状としては見逃しがちな
「非運動症状について」でした。
いつものように、分かりやすい説明で、参加者の方から好評でした。

続いて、第二部のドクターカフェには、11名の方が参加してくださいました。
先生と直接お話ができるとあって、現在抱えておられる患者さんのことを個別で相談されておら
れました。
今回、特に印象的だったのは、参加者の困り事を、周りの参加者で問題解決を図るシーンでした。
このような会を継続して参りますので、お時間の許す方は、是非ご参加ください。
お待ちしております!!

看護師3名、介護支援専門員8名、理学療法士5名、作業療法士2名、
薬学生2名、薬剤師2名、その他1名の計23名の方にご参加頂きました。

ご参加頂いた皆様方に、厚くお礼申し上げます。
                           コスモス薬局在宅委員会

 

研修会終了後、アンケートを実施した結果です(23名中21名より回答)
1.今日の研修は理解できましたか?

2016061801

2.今日の研修は満足できましたか?

2016061802

3.今日の研修はこれから活用ができそうですか?

2016061803

4.参加者からのコメンント
 ・パーキンソン病は、体の動きについ目を向けてしまいますが、レム睡眠行動障害や頻尿がある
  ことを学んだ。
 ・事例を挙げて説明をしてくださったので分かりやすかったです。
 ・現在関わっている患者さんの事を考えながら話を聞きました。 今回教わった新たな視点で、
  観察や評価をしたいと思います。
 ・レビー小体型認知症について教えて頂きたい。⇒次回、好永先生の会で行うことになりました。

 

研修会の様子

ページの先頭へ