広島で一番の「かかりつけ薬局」を目指して コスモス薬局グループ

株式会社リライアンス

挨拶・概要・沿革

代表あいさつ

  •  21世紀を迎え、医療をめぐる状況は大きく変わろうとしています。本格的な少子・高齢化社会の到来にともない、社会保障費用の膨張が社会問題となっている現在、薬局の役割が、いっそう重要になってまいりました。
     地域医療の病院や保健・福祉施設と連携しながら、地域医療の一面を担う拠点として、医療・介護・福祉事業者の相互理解のもと、チームで患者さんと向き合い、より健康的な生活を求める人びとをもっと積極的に支援していくことが、これからの薬局には求められます。
     私たちはそんな医薬分業の時代にあって、これまで以上の熱意と努力を持って、患者さま一人ひとりの健康増進に貢献していることを目標としています。

  •  具体的には、処方薬に関する相互作用チェックを含めた医療機関への問い合わせ、健康へのお悩みについてのカウンセリング、毎日の食生活へのアドバイスまで、きめ細やかで誠実、かつ迅速なサービス対応で、業務に取り組んでまいります。
     地域の皆様が気軽にご相談でき、医療や健康についての最新の情報を得ることができる…。
     医療と健康の情報発信基地となり、地域社会の健康と福祉の向上に貢献し、より地域に親しまれる「かかりつけ薬局」として、理想を追求してまいりたいと思います。

    代表取締役 重松 朋哉

薬学生へのメッセ―ジ

医療の世界はこの30年間に大きく変わりました。医療の世界にコンピューターが入り、始めは受付業務から、今では電子カルテで、治療、投薬まで一貫して一人の患者の診療全体の記録できます。私が広大学院院長の時、広島では初めて医療コンピューターを、広島市病院管理者の時,安佐市民病院に初の電子カルテを、続いて広島市民病院に導入いたしました。
一方、この間超高齢化が進み、医療費は34兆円を超え、老人医療費が10兆円強です。そのうちの医薬品費が7兆円ですので、政府は医薬品費を何とか下げて医療費の高騰を止めたいと思っています。そこで今年から、各市町村の国民保険料の上限を決めて抑制したいようです。医薬品費の伸びを抑えるためには後発医薬品の投薬が一番ですが中々です。
コスモス薬局グループが扱っている後発医薬品は2,500品目で平成28年4月に改定した新指標での調剤率平均は57%です。
病院の医業収益を上げるための薬品費の占める割合は全国の黒字決算病院では、平成19年度16.3%程度の水準ですが、広島市民病院:14.9%、舟入病院14.2%、安佐市民病院14.4%が平成24年度の統計です。そこで医師の側に後発医薬品を投薬してもらうような教育が必要ですが、これを扱う薬剤師にもそれを補うような意識が必要です。
医療を支える薬剤師に医薬分業が今日定着し、調剤薬局の使命は極めて大切なものです。この医薬分業には戦後多くの薬剤師の先輩、日本薬剤師会のご努力でかち得た賜物です。危機管理をわきまえ、安全、かつ迅速な投薬、服薬指導ができるよう、皆様の今後の研鑽を期待しています。

(株)リライアンス顧問
元広島大学長、広島大学同窓会長、医学博士
原田 康夫

企業理念

  •  株式会社 リライアンス コスモス薬局グループは、地域の人々の健康と福祉の向上に貢献し、患者さまやお医者様、地域住民の皆様に信頼されるヘルスケア企業を目指します。

  •  And to contribute to the improvement of the health and welfare of people in the region, cosmos pharmacy Ltd. Reliance Group, aims to healthcare company doctor and patients, is trusted by everyone in the region residents.

企業コンセプト

  • 医薬分業の時代を先駆ける薬局

     医薬分業の流れを背景に、医療と地域社会を結び、地域の皆様の保健衛生・医療・福祉に貢献する “医療・福祉支援サービス”を提供する「かかりつけ薬局」を実践します。これは、健康生活にとって必要十分な“医療・福祉支援サービス”を受けられる地域の拠点を目指すものであり、将来的には、情報のオンライン化を実現し、リライアンスグループの薬局であれば、どの薬局であっても同質のサービスを享受できるネットワーク化を目指すものです。

  • 「安心と信頼」を語る薬局

     「かかりつけ薬局」を地域に根付かせる、その原動力となるのは患者さまやお医者様との信頼関係です。コスモス薬局グループは、患者さまに信頼され選ばれる「かかりつけ薬局」として、処方箋調剤に限らず、患者さまとの日々のお付き合いの中から、健康に関する諸々の問題をくみ取り、責任ある対応をなすことによって、「安心と信頼」を築いていきます。

グループの特徴

  • 全国でも珍しい研修センターを持っていて、オリジナルの研修システムを行うことで社員を育成しています。
  • オーベンネーベン制による個人に合わせた指導を実現しています。
  • 5つの委員会を持ち日々研鑽しています。
    • 薬歴委員会
    • リスクマネージメント委員会
    • 在宅委員会
    • かかりつけ薬局推進委員会
    • 情報化委員会
  • 栄養士による栄養指導も充実しています。
  • 介護事業関連施設の運営を行っています。
    • サービス付き高齢者向け住宅 エフォール吉島
    • 訪問看護ステーション こすもす
    • 訪問介護ステーション こすもす
    • 居宅介護支援事業所 こすもす
    • デイサービス 虹いろ
  • 産休の取りやすい環境と整備です。
  • 常に新しい情報の発信と事業展開を行っています。

会社概要

名称 株式会社 リライアンス コスモス薬局グループ
本社所在地 〒730-0021 広島県広島市中区胡町4-28
本部事務所所在地 〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀1-8エイトビル8F 802
電話番号 082-502-3113
ファックス番号 082-502-3118
URL http://www.reliance-cosmos.co.jp/
メールアドレス hg@reliance-cosmos.co.jp
代表取締役社長 重松 朋哉
設立 昭和61年7月
事業内容

処方せん調剤を中心とした保険調剤
医薬品・医療材料・介護用品・アレルギー除去食品販売
高齢者施設の運営
訪問看護ステーション
居宅介護支援事業所
訪問介護ステーション
デイサービスの運営

店舗数 48店舗(関連グループ含む)
年商額 60億
社員数(グループ含む)

255名
[薬剤師:139名、管理栄養士・栄養士:27名、事務:73名
 看護師:2名、理学療法士:1名、介護職員:13名]

平成28年8月現在

沿革

昭和57年7月
船町調剤薬局(福山市船町)開局
昭和58年12月
ふよう薬局(広島市中区)開局
昭和61年6月
青葉台薬局(福山市)開局
昭和61年10月
コスモス薬局(広島市中区)開局
昭和63年4月
ポピー薬局(広島市南区)開局
昭和63年7月
東蟹屋調剤薬局(広島市東区)開局
平成2年7月
ひまわり薬局(広島市南区)開局
平成5年3月
さふらん薬局(安芸郡熊野町)開局
平成6年9月
コスモス薬局(呉市)開局
平成7年7月
コスモス薬局(福山市加茂町)開局
平成9年5月
コスモス薬局緑井店(広島市安佐南区)開局
ポピー薬局(福山市神辺町)開局
平成9年12月
コスモス薬局チュリス八丁堀店(広島市中区)開局
平成10年4月
コスモス薬局温品店(広島市東区)開局
平成13年10月
コスモス薬局紙屋町店(広島市中区)開局
平成14年5月
コスモス八丁堀薬局(広島市中区)開局
平成15年7月
コスモス薬局MIDビル店(広島市中区)開局
平成17年8月
コスモス薬局勝木台店(広島市安佐北区)開局
平成17年10月
コスモス薬局引野北店(福山市引野町)開局
コスモス薬局グランドタワー店(広島市中区)開局
平成18年6月
コスモス薬局海田東店(安芸郡海田町)開局
平成18年11月
コスモス薬局白島店(広島市中区)開局
平成19年4月
コスモス薬局白島東店(広島市中区)開局
コスモス薬局府中店(安芸郡府中町)開局
平成19年7月
コスモス薬局本通店(広島市中区)開局
平成19年8月
コスモス薬局胡町店(広島市中区)開局
平成19年9月
コスモス薬局大手町店(広島市中区)開局
平成19年11月
コスモス薬局相田店(安佐南区)開局
平成20年2月
コスモス薬局紙屋町西店(広島市中区)開局
平成20年3月
コスモス薬局小網町店(広島市中区)開局
平成20年4月
コスモス薬局本通西店(広島市中区) 開局
平成20年8月
コスモス薬局己斐店(広島市西区) 開局
平成20年12月
コスモス薬局京口門店(広島市中区) 開局
コスモス薬局尾道店(尾道市新浜) 開局
平成21年3月
コスモス薬局大町店(広島市安佐南区) 開局
平成21年4月
薬剤師生涯研修センター(広島市中区) 開設
平成22年3月
コスモス薬局呉中通店(呉市) 開局
コスモス薬局引野店(福山市引野町) 開局
平成22年6月
コスモス薬局府中本町店(安芸郡府中町) 開局
平成22年8月
コスモス薬局大手町南店(広島市中区) 開局
平成22年10月
コスモス薬局たかの橋店(広島市中区) 開局
平成23年11月
コスモス薬局日赤病院前(広島市中区) 開局
平成24年2月
コスモス薬局光南店(広島市中区) 開局
平成24年10月
コスモス薬局宝町店(広島市中区) 開局
平成25年6月
コスモス薬局福富店(東広島市) 開局
平成25年11月
コスモス薬局向島店(尾道市向島町) 開局
平成26年7月
コスモス薬局上幟町店(広島市中区) 開局
平成26年12月
コスモス薬局吉島店(広島市中区) 開局
平成27年9月
コスモス薬局白島南店(広島市中区) 開局
平成28年9月
コスモス薬局多治米店(福山市多治米町) 開局

一般事業主行動計画

株式会社リライアンス(コスモス薬局グループ)では、社員が働きやすい環境をつくることによって、社員全員が仕事と家庭を両立させることができ、その能力を十分に発揮できるようにするため、次のとおり行動計画を策定します。

「計画期間」
 平成28年3月21日~平成33年3月20日

「計画内容」
 ●妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供
 及び相談体制の整備の実施
 ●育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基
 づく産前産後休業など諸制度の周知

 対策
 ・妊娠中や出産後の女性職員の健康確保や育児休業給付金等に関する諸制度についての情報を、
 社内掲示板(イントラネット上)に掲示し、社員への周知及び呼びかけを実施する。
 ・相談窓口を本部事務所に設置し周知を行う。

 

 ●出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

 対策
 ・出産や育児を理由として退職した職員に対し、仕事情報を案内し可能な限り復帰を働きかける。

ページの先頭へ