広島で一番の「かかりつけ薬局」を目指して コスモス薬局グループ

株式会社リライアンス

薬剤師活動

委員会活動

リスクマネージメント委員会

リスクマネージメント委員会

レセプトコンピューターを使った監査設定の構築

活動内容
レセプトコンピューターを使った監査設定の構築

レセコンメーカーの既存ソフトによる薬剤のチェック機能だけでは十分でないと判断し、株式会社 リライアンスとして独自のシステムを開発。患者さまにより安心してお薬を服用していただけるシステムだと考えております。

PHARM-2Eを使った調剤過誤の分析

調剤過誤の分析を行うためにPHARM-2Eを用いています。原因を探ることにより、各個人で注意しなければならない点を見つけ出します。記録の保存が出来るように、パソコン上で入力できるように独自に作成しており、薬剤師だけでなく事務版も合わせて作成しています。

DEM(Drug Event Monitoring)事業の参加

1年に1回日本薬剤師会が、ある分類のお薬の副作用について調査する全国規模の事業。今後、薬局・薬剤師の活動において重要な事業になると考え、平成16年度より全薬局で実施するようにしています。平成17年度は、HMG-CoA還元酵素阻害薬による、「筋肉痛」や「脱力感」など、10項目の調査です。
調査期間:平成18年2月20日(月)~2月26日(日)

アンチドーピング活動

競技者からドーピングを守ろうということで始めたばかりの取り組みです。薬剤師として新たに職能を発揮できる仕事だと感じております。広島県で大きな大会などがある場合にはご協力いたします。
下記のホームページにドーピングについて詳しい内容が掲載されております。
日本体育協会のホームページはこちらからどうぞ
下記のホームページではガイドブックが閲覧・印刷できます。
日本薬剤師会

日本薬剤師会学術大会への参加

img06

情報化委員会

情報化委員会

薬局業務のサポートシステムの構築
併用薬の鑑別や相互作用のチェックなど、投薬ツールのメンテナンス

情報化委員会

 当社では、パソコンによる独自の検索システムを確立しておりタイムリーなメンテナンスが必要となっています。これらのデータ管理を行うのが情報化委員会です。
 このシステムは、併用薬の鑑別や相互作用のチェックなど薬歴の充実度アップ、投薬のツールとして活用しております。 この他にも、ホームページの運営、レセプトコンピューターのチェーン店システムによる在庫管理や各委員会のフォローも行っております。

薬局業務をサポートする為、社内イントラにてサポートシステムを構築
(2009年 9月)
  • 2009年 9月 出納管理システム追加
    ・日々の出納情報を管理
  • 2009年12月 薬局業務報告システム追加
    ・毎月の薬局業務報告書を管理
  • 2010年 3月 勤怠管理システム追加
    ・全社員の勤怠を管理
  • 2010年 5月 リスクマネージメント委員会との合同開発でインシデント報告システム追加
    ・インシデント報告や調剤過誤報告を管理
  • 2011年 7月 自賠責情報管理システム追加
    ・薬局で管理する自賠責請求処理をサポート
かかりつけ薬局推進委員会

かかりつけ薬局推進委員会

当社オリジナルのお薬手帳の作成
かかりつけ薬局を目指し施設設備の充実や、お客さまへの応接をサポート

img04

本委員会は、患者さまに限らず広く一般の方に薬局の機能を知っていただき、地域の皆様に利用していただける薬局作りを目指すため発足いたしました。アンケート調査を実施し、施設設備の充実や、お客さまへの応接など様々な問題を集積し解決できるよう努力しています。ご意見・ご要望等ございましたらお問い合わせフォームにてお寄せ下さい。

img07

患者さまの立場でどうしたら利用しやすいかを考え2014年4月コスモス薬局グループで使うオリジナルのお薬手帳を作成しました。

薬歴委員会

薬歴委員会

薬歴の研究と検証
薬剤師に必要な資料集作り

img03

 薬歴委員会は2004年1月に発足し、現在7名で活動しています。委員会のテーマは「自分で考える薬剤師」とそれが表現される「充実した薬歴」です。患者さまへの的確な服薬指導には薬剤師の知識・経験・判断力、そして努力が必要です。コスモス薬局グループの薬剤師として患者さまへより良いサービスを行えるよう、また全ての薬剤師がワンランク上の薬剤師になれるよう様々な側面から手助けしていけたらと思っております。

現在の主な活動
  • 薬歴の研究と検証
  • 株式会社 リライアンスの薬歴記載統一項目の見直し
  • 薬剤師に必要な資料集作り
  • 症例検討会 など
日本薬剤師会学術大会(広島)での発表内容
  • DSU(Drug Safety Update)
  • 副作用5文字表現
  • 薬剤チェックカード
  • プロブレムアナムネリスト
  • 薬歴作成参考資料集
在宅委員会

在宅委員会

患者さまの情報共有、多職種連携研修の実施
在宅従事者への指導・監査等

多職種連携研修会の実施

img10

  • 日時:平成26年4月12日(土)
    15:00~16:00
  • 場所:リライアンス研修センター
  • 講演:「在宅ケアに関わる方に知って頂きたいパーキンソン病の基礎知識」
  • 講師:よしなが神経内科クリニック
    院長 好永順二先生

詳しい内容はこちら

主な活動

禁煙支援アドバイザー

禁煙支援アドバイザー

禁煙を希望される方の相談や、
禁煙したい方の指導を行っています

広島県薬事衛生指導員の講習会に参加して得られる資格です。(有効期間は1年で更新制)
薬局において禁煙を希望される方の相談を受けたり、実際に禁煙したい方の指導を行っています。
禁煙支援アドバイザー名簿はこちらからどうぞ

ケアマネージャー

ケアマネージャー

介護保険法に定められた公的な資格です。

正式な名称は「介護支援専門員」です。
2000年4月から施行され介護保険法に定められた公的な資格です。
ケアマネージャーは介護保険を利用したい本人もしくは家族と相談し、心身の状態などを考慮し、希望にそった介護プランを作成します。作成後は市町村、在宅サービス事業者、介護保険施設などと連携し、利用者のフォローを行います。
広島市の介護保険制度の詳細はこちら

認定薬剤師

認定薬剤師

認定薬剤師の単位取得のため研修会参加はもちろん、
講演会などを開催しております。

薬剤師は時代に即応した医療需要と社会的要請に応え、薬剤師として必要な責務を全うするために、生涯勉強していかなければなりません。
当グループでは、この制度を積極的に行い、認定薬剤師の単位取得のため薬剤師会などが行う研修会参加はもちろん、外部から講師の先生をお招きし、講演会を開催しております。
研修認定薬剤師制度についてはこちらに詳細がございます

日本薬剤師研修センター認定施設

日本薬剤師研修センター認定施設

日本薬剤師研修センターの研修施設として
2つの薬局が認定されています。

日本薬剤師研修センターの薬剤師実務研修事業における研修施設として2つの薬局が認定されており、指導薬剤師として2006年1月現在4名が登録されています。
薬剤師実務研修とは…
薬剤師が、病院または薬局薬剤師として必要な知識、技能を確実に身につけるため、特別な勉強や実習をすることを言います。当グループでは毎年3~4名を受け入れております。
日本薬剤師研修施設についての詳しい内容はこちらよりどうぞ

その他、学術大会等の参加活動

平成26年11月 第8回 日本薬局学会学術総会

平成26年11月 第8回 日本薬局学会学術総会

第8回 日本薬局学会の学術総会

平成26年11月 第8回 日本薬局学会学術総会に参加しました

口演発表

2014002hg 2014003hg
「関節リウマチの現薬物治療について」 「調剤過誤の原因を分析する取り組み」

 

ポスター発表

2014004hg 2014005hg
「患者意見報告の実施と改善結果」 「価格面における刻み生薬調剤の比較検討」

 

最後に今大会の副会長を務めた弊社会長 重松清二が閉会式の挨拶を行いました

2014006hg  
平成26年10月 第47回 日本薬剤師会学術大会

平成26年10月 第47回 日本薬剤師会学術大会

第47回 日本薬剤師会の学術大会

平成26年10月 第47回 日本薬剤師会学術大会

2013001 2013002

平成22年10月 第43回 日本薬剤師会学術大会

平成22年10月 第43回 日本薬剤師会学術大会

第43回 日本薬剤師会の学術大会

平成22年10月 第43回 日本薬剤師会学術大会

2010001 2010002

平成21年10月 第42回 日本薬剤師会学術大会

平成21年10月 第42回 日本薬剤師会学術大会

第42回 日本薬剤師会の学術大会

平成21年10月 第42回 日本薬剤師会学術大会

2009001 2009002

平成20年11月 第41回 日本薬剤師会学術大会

平成20年11月 第41回 日本薬剤師会学術大会

第41回 日本薬剤師会の学術大会

平成20年11月 第41回 日本薬剤師会学術大会

ph_gakkai1 ph_gakkai2

平成17年10月 第38回 日本薬剤師会学術大会

第38回 日本薬剤師会の学術大会

平成17年10月 第38回 日本薬剤師会学術大会

●リスクマネージメント委員会

      • 口頭発表:レセプトコンピュターを使った監査設定
      • ポスター発表:レセコンにおける監査設定

●薬歴委員会

      • ポスター発表:「考える薬歴」~服薬指導の向上・内容充実のための薬歴委員会の取り組みについて~

●かかりつけ薬局推進委員会

      • ポスター発表:グループ薬局におけるお薬手帳推進活動と診療科別のお薬手帳利用状況について

●情報化委員会

    • ポスター発表:当グループにおける夜間・救急対応

平成16年11月 第26回 広島県薬剤師会学術大会

第26回 広島県薬剤師会の学術大会

平成16年11月 第26回 広島県薬剤師会学術大会
      • 口頭発表:レセプトコンピュターを使った監査設定
      • ポスター発表:PHARM-2Eを用いたミスの原因分析
ページの先頭へ